理事長ごあいさつ

理事長ごあいさつ

 この度は医療法人博悠会のホームページにアクセスいただきありがとうございます。 理事長の横松秀明と申します。

 私は昭和60年大阪市立大学医学部を卒業後、同第一外科(消化器外科、腫瘍外科)に入局、 大学付属病院での勤務、研究のほか、いろいろな関連病院で研鑽を積んでまいりました。 大きな病院の消化器外科に特化した勤務や、人手が足りなくてなんでも診る小さな病院の勤務、麻酔科、救命救急、ICUの勤務、外傷が中心の病院、全国的に透析で有名な病院のシャント手術の勤務などなど・・・。雑多な履歴ですが、地域密着型の当院の経営に携わる身としては、とても良い経験をさせていただいたと思っています。

 私の医師としての基本理念は至ってシンプルで、医師を志した時から全く変わっていません。自分の大切な人が困ったとき『うちの病院(施設)においでや』と胸を張って言えるような医師になること、病院(施設)にすること。そして、この思いを皆で共有し、努力し続けることです。 初めて、当病院(法人)を訪れ、その基本理念『患者様、利用者様は私たちの家族です』 に接し、とてもよく似ていることに驚いたことを覚えています。

 さて医療法人博悠会名取病院は、昭和34年に名取外科診療所としてスタートして以来、地域に根ざした医療を追求し、さまざまな施設やサービスを拡充してまいりました。 高度成長期には病院を増床し、新しい検査機器を導入することで医療の進歩に対応。地域の高齢化が進んだ時期には、在宅・施設を問わず、高齢者医療・介護のサービスを地域の皆様のお声を聞きながら、ひとつひとつ立ち上げてきました。 そして高齢化のピークを目前に、治療的、予防的リハビリテーションの重要性が増す現在においては、入院(回復期リハビリ)、入所(老人保健施設でのリハビリ)、通い(通所リハビリ)、在宅(訪問リハビリ)等、さまざまなリハビリ部門の充実を図り、あらゆる場面で途切れることなくリハビリを継続して頂けるようにしております。

 また病院には珍しい歯科の存在も、『入院、入所したままで安心して歯科治療を受けることができるように』といった地域の声にお応えしたものです。(ご要望にお応えするうちに、現在7診にまで増えています)

 『変わらずあり続けるためには、変わり続けなくてはならない』 言い古されたことばですが、『基本理念を継承し地域のニーズに応え続けるためには、これからも変革し続けなくてはならない』と、日々決意を新たにしています。

 これからもみなさまに愛され支持される病院(法人)であり続けるため精進を重ねます。何卒宜しくお願い致します。

 

理事長 横松秀明